保土ヶ谷区星川で痛みの少ない歯科・歯医者をお探しなら

〒240-0006
神奈川県横浜市保土ヶ谷区星川 1-1-2 ダイゴプラザ2F
相鉄線「星川駅」より徒歩1分

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

▲:9:00~13:00 △:14:00~16:00
休診日:木曜・日曜・祝日
祝日がある週の木曜日は診療しております。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちらへ

045-331-6316

ほしでんブログ

 

 

『乳歯と永久歯の生え変わり時期とは?乳歯と永久歯の役割について』

お子さんの成長とともに歯も徐々に入れ替わっていきます。

だいたいいつ頃から永久歯へと生え変わってくるのでしょうか?

 

〈生え変わりの時期〉

個人差はありますが、一般的には6歳前後から乳歯が抜け、

永久歯へと生え変わっていきます。

多くは下の前歯から抜け替わります。

同じことに6歳臼歯(第一大臼歯)も生えてきます。

7歳過ぎには上の前歯も生え変わってきて、11歳ごろに奥歯が生え変わります。

だいたい12歳〜14歳ごろには全ての永久歯に生え変わっていきます。

 

〈乳歯の役割〉

乳歯にはおもに4つの役割があります。

①咀嚼

乳歯の第一の役割は、やはり噛むことです。しっかり咀嚼をすることは、体の成長に大きく影響を与えます。

②顎と顔の成長

しっかり咀嚼ができると、お口の周りやお顔の筋肉や骨の発育に良い影響を与えます。

③発音

乳歯がしっかりと生えそろうにより、お子さんが覚えた言葉をはっきりと発音することを助けます。

④永久歯の誘導

乳歯は、その後に生えてくる永久歯の生える場所を誘導します。

もし虫歯などで乳歯が早く抜けてしまった場合、永久歯が目印を失い、

違う場所から生えてきてしまう可能性もあります。

 

〈永久歯の役割〉

永久歯も乳歯と同じように、咀嚼、発音などの役割があります。

乳歯は20本ですが、永久歯は28本、親知らずが全てあると32本になります。

永久歯は一生使い続ける大切なものですから、歯の厚みや強さも乳歯よりも強いです。

乳歯も永久歯もそれぞれ大切な役割があるので、虫歯にしないようにしっかりとケアしていきましょう。

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

045-331-6316

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~18:30
土曜日は9:00~16:00まで

休診日:木曜・日曜・祝日
祝日がある週の木曜日は診療しております。

045-331-6316

〒240-0006
神奈川県横浜市保土ヶ谷区星川 1-1-2 ダイゴプラザ2F

相鉄線「星川駅」より徒歩1分